童謡館について
  • 運営団体について
  • アクセスマップ
    野崎雨情について
  • 生き立ち
  • 生家
  • 記念館
  • 野口雨情と湯本温泉
    童謡の歌の紹介
  • 青い眼の女の子
  • 赤い靴
  • 雨降りお月さん
  • しゃぼん玉
  • 證城寺の狸囃子
  • 七つの子
  • よいよい横町
〒972-8321
福島県いわき市常磐湯本町三函204
TEL 0246-44-0500
FAX 0246-44-0513
開館時間 9:00~17:00
観覧料 無料
※イベント期間中無料

生家・住んでた家

生家
生家
雨情は、茨城県多賀郡磯原村(現在の北茨城市磯原)のこの家で生まれました。
雨情の生家は、地方きっての名家で、水戸徳川家藩主の御休息所で、徳川光圀公(水戸黄門)もしばしば訪れたそうです。この家は、その景観により「観海亭」と命名されました。
また、昭和42年に茨城県文化財に指定されています。
雨情の生家は、今は一般公開されていて、誰でも入ることができます。
中には、雨情自筆色紙や掛軸、雨情や家族の写真などが展示されています。また、雨情作詞の童謡の楽譜や、童謡発表誌「金の船」も展示されており、とても貴重なものを見ることができます。
生家
住んでた家
住んでた家
雨情は、大正4年(1915年)妻のひろと離婚の後、現いわき市常磐湯本町の柏屋に移り、詩作活動を続けます。この家で雨情は3年間、幼子2人と共に暮らしました。 平成17年、この家も取り壊されました。
雨情の生家は、今は一般公開されていて、誰でも入ることができます。
中には、雨情自筆色紙や掛軸、雨情や家族の写真などが展示されています。また、雨情作詞の童謡の楽譜や、童謡発表誌「金の船」も展示されており、とても貴重なものを見ることができます。
住んでた家