童謡館について
  • 運営団体について
  • アクセスマップ
    野崎雨情について
  • 生き立ち
  • 生家
  • 記念館
  • 野口雨情と湯本温泉
    童謡の歌の紹介
  • 青い眼の女の子
  • 赤い靴
  • 雨降りお月さん
  • しゃぼん玉
  • 證城寺の狸囃子
  • 七つの子
  • よいよい横町
〒972-8321
福島県いわき市常磐湯本町三函204
TEL 0246-44-0500
FAX 0246-44-0513
開館時間 9:00~17:00
観覧料 無料
※イベント期間中無料

よいよい横丁

魅力
1926年(大正15年)6月、新潮社から発行された童謡集「蛍の灯台」に載った作品です。この歌は、わらべ唄としての新しい調子を呼び込んでいるところが魅力になっています。
月
横町の小路から眺めた、朝の月、昼の月、夜の月の印象を歌ったもので、独特の感性をもっていることが伝わります。
この「よいよい横町」の舞台は、故郷の磯原からそれほど遠くない福島県の湯本という町で、雨情は1915年(大正4年)から2,3年のあいだ過ごしたことがありました。

横丁通り
当時の柏屋(雨情が子供をつれて世話になったところ)と新つたは細い道路をはさんで100メートルくらいのところにあります。この通りを横町通りといったそうです。
この横町通りを歩いてみると

よいよい横町で見た月は
半分かけてた
アノ朝の月

という詩を思い出すことができます。
JR湯本駅から歩いて10分くらいのところに横丁通りと呼ばれる通りが今も残っています。
歌詞
よいよい横町で
見た月は 見た月は
半分かけてた
朝の月 アノ朝の月
お空にぼんやり
出た月は 出た月は
夢見て寝ぼけた
昼の月 アノ昼の月
兎がお餅を
搗く月は搗く月は
十五夜お月で
丸い月 アノ丸い月

作曲:山田 耕作
よいよい横丁